兵庫産カニを「幻の間人(たいざ)ガニ」と偽装か 容疑で水産業者ら逮捕

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

兵庫県産のズワイガニを京都府京丹後市のブランドガニ「間人ガニ」と偽って販売したなどとして、京都府警は4日、不正競争防止法違反の疑いで、水産品加工販売会社「まるなか水産」取締役の中井満容疑者(42)=京丹後市丹後町間人=と、同社元従業員の山崎一成容疑者(52)=同市網野町浅茂川=を逮捕した。2人は容疑を認め、中井容疑者は「10年前からやっていた」と供述しているという。 間人ガニは流通量の少なさや品質の高さから「幻のカニ」と呼ばれている。 逮捕容疑は共謀し令和5年2月、兵庫県内の漁港で水揚げされたズワイガニ2杯に「間人ガニ」と記したタグをつけ、商品の原産地を誤認させるような表示をして販売したなどとしている。 府警によると、容疑者らはズワイガニ2杯を飲食店などに計5万4500円で販売していた。カニを高値で販売することで利益を上げる目的だったとみられる。 タグは京都府漁業協同組合が管理しているが、中井容疑者は正規の未使用のタグ21本を使用目的で所持していたとする商標法違反容疑でも逮捕された。府警はタグの入手経路についても調べる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。