「カメラ持って観光装え」米国での売春勧誘 容疑の男4人逮捕 約2億円売り上げか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性を勧誘し、米国での売春を紹介したなどとして、警視庁保安課は職業安定法違反の疑いで、東京都内のデートクラブ運営会社社長、臼井良夫容疑者(53)=品川区東品川=ら男4人を逮捕した。臼井容疑者ら3人は容疑を認め、1人は一部否認している。 同課によると、臼井容疑者らは令和3年から求人サイト「海外出稼ぎシャルム」を運営し、女性に米国での売春を紹介。売春を目的とした米国への渡航は拒否される例が相次いでおり、5年4月に米国の捜査機関から海外での売春をあっせんするサイトがあるとの情報が寄せられ、捜査が始まったという。 臼井容疑者は女性らに「米国は入国審査が厳しくなっているのでカメラを持っていって観光を装え」「観光地もある程度調べておくこと」などと入国拒否されないよう指示していた。調べに対し「過去3年間で200~300人の女性をアメリカ、オーストラリア、カナダなどの売春店にあっせんし、2億円近く売り上げた」と話しているという。 臼井容疑者らの逮捕容疑は共謀の上、5年3~4月、サイトを見て応募した30代女性と、スカウトから紹介された20代の女性計2人を、米国内の売春組織に紹介して雇用させたとしている。 同課は、女性が客とトラブルになってモデルガンで撃たれたり、薬物を強制されそうになったりしたケースもあるとして、海外で売春を行うことの危険性を訴えている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。