防犯カメラに黒い車…郡山市のひき逃げ事件 殺人未遂容疑で暴力団組員の男逮捕 故意にはねたか 福島

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1日、福島県郡山市の県道で男性が車にはねられ、倒れた状態で見つかった事件で、警察は3日、43歳の暴力団組員の男を殺人未遂の疑いで逮捕しました。 殺人未遂の疑いで逮捕されたのは、住所不詳で稲川会系暴力団組員の冨田一幸(とみた・かずゆき)容疑者(43)です。 警察によりますと、冨田容疑者は1日午前2時半過ぎ、郡山市大槻町の県道で38歳の男性を車ではね、殺害しようとした疑いが持たれています。 事件があった1日午前2時半過ぎ、現場近くに設置されていた防犯カメラの映像を見ると、画面左に向かって走っていく黒いセダンが…。この直前、複数回にわたって被害男性をはねたとみられています。 男性は複数回はねられたと見られ、腕の骨を折るなどの重傷です。 現場の周辺では、事件当時、怒鳴り声が聞こえていて、警察は犯人と男性との間にトラブルがあり、故意にはねた可能性があるとみて捜査を続けてきました。 警察によりますと、冨田容疑者と男性は知人関係だということです。警察は、冨田容疑者の認否について「共犯者がいる可能性がある」として明らかにしていません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。