「盛大にブーイングされるかも」大谷翔平の騒動をNY記者はどう見てる?「オオタニが嘘をつくとは考えにくい」が「質疑応答は必要だった」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大谷翔平の専属通訳を務めていた水原一平氏が違法賭博に関わっていたとされる問題は、アメリカでも依然として大きな関心を引き付けている。それはロサンゼルス・ドジャースが本拠地を置くアメリカ西海岸に限った話ではないのだろう。 アメリカ東海岸の記者がスキャンダラスな事件をどう見ているのかを知るため、ニューヨークの地元紙『ニューズデイ』のコラムニスト、デビッド・レノン氏に意見を求めた。1995年からMLBを取材する大ベテラン、レノン記者ももちろん大谷問題に注目しているという。その言葉から、アメリカの一部のファン、関係者がこの件によって受けた衝撃の大きさが伝わってくる。以下、レノン氏の一人語り。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。