任天堂ホームページに殺害予告を投稿か 日立市職員の27歳男を逮捕 「スプラトゥーン甲子園」など中止判断 投稿回数は39回

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大手ゲーム会社の任天堂のホームページに、社員やイベント参加者の殺害をほのめかす投稿をしたとして、茨城県日立市職員の男が逮捕されました。 威力業務妨害の疑いで逮捕されたのは、茨城県日立市職員の風間健心容疑者(27)です。 風間容疑者は、去年8月から11月まで39回にわたり任天堂のホームページの投稿フォームへ、主催するイベントについて「会場の奴らも殺すから覚悟しておけ」「警備増やしたところで爆弾で一撃だわ。死ね」などと投稿した疑いがもたれています。 警察によりますと、任天堂は風間容疑者の投稿を受け、去年12月に開催予定だった「スプラトゥーン甲子園2023全国決勝大会」など2つのイベントを中止したということです。 風間容疑者は、警察の調べに対し「死ねなどと数々の投稿をしたことに間違いありません」と容疑を認めているということです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。