大谷翔平に対する日米“温度差”の背景にあるのは「日本人差別」か かつてイチローは25セント硬貨を投げつけられた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シーズン本番を迎えたドジャース・大谷翔平(29)。移籍後1年目の大暴れが期待される一方で、いまだに燻り続けているのが元通訳・水原一平氏(39)の「違法賭博問題」だ。大谷が開いた会見について、国内では応援する声が溢れたが、米国メディアは大谷への忖度はない。「説明を果たしていない」という厳しい声も上がっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。