横断歩道渡っていた女性が車にはねられ死亡 車を運転していた男を過失運転致傷の疑いで逮捕 「急いで右折した」容疑認める 飯塚市

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

福岡県飯塚市で横断歩道を渡っていた女性がワンボックスカーにはねられ死亡しました。警察は車を運転していた男を過失運転致傷の疑いで逮捕しました。 2日午後6時半ごろ飯塚市相田の交差点で、右折しようとしたワンボックスカーが横断歩道を渡っていた女性をはねました。 はねられたのは飯塚市の看護師・村田直子さん(63)で、病院に運ばれましたが、およそ2時間後に死亡が確認されました。 警察はワンボックスカーを運転していた飯塚市の会社員、遠藤哲伸容疑者(70)を過失運転致傷の疑いで現行犯逮捕しました。警察によりますと村田さんは青信号で横断歩道を渡っていたということで、遠藤容疑者は調べに対し「急いで右折した」などと容疑を認めているということです。 警察が事故の詳しい状況を調べています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。