きっかけは「店内で寝ている客がいる」通報 20代女子大学生の自転車盗んだ疑いで59歳無職の女逮捕「自転車は役所からもらった」と容疑否認 仙台

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今年2月、仙台市青葉区内の路上で自転車を盗んだとして、59歳の無職の女が2日、逮捕されました。女は「自転車は役所からもらった」などと話しているということです。 窃盗の疑いで逮捕されたのは、住居不定・無職の59歳の女です。警察によりますと女は今年2月12日午後7時頃から13日午前7時頃までの間、仙台市青葉区内の路上で20代の女子大学生が所有する自転車(時価1万円相当)を盗んだ疑いがもたれています。警察の調べに対し、「自転車は役所からもらった」などと容疑を否認しています。 警察によりますと、若林区内のコンビニエンスストアの店員から「店内で寝ている客がいる」という110番通報があり、駆けつけた警察官が店内で寝ていた女の自転車を確認した際、盗難品だと気づいたということです。警察が動機などを詳しく調べています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。