パート従業員の顔や頭を殴るなどの暴行を加えた疑い 50代の会社員の男を逮捕 島根県隠岐の島町

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

4月3日、隠岐の島警察署は勤務先の男性に暴行を加えけがをさせた傷害の疑いで、50代の男を逮捕しました。 傷害の疑いで逮捕されたのは、隠岐の島町港町の会社員の男(57)です。隠岐の島警察署によりますと、男は3月、勤務先である事業所でパート従業員の40代の男性の顔や頭を殴るなど暴行を加え、全治3週間のけがをさせた疑いが持たれています。 男は「相手を殴ったことに間違いありません」と容疑を認めているということです。 警察が詳しい経緯を調べています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。