自宅に遺体放置疑いで90歳男逮捕

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

相模原市内の自宅に遺体を放置したとして、神奈川県警相模原署は3日、死体遺棄容疑で同市の無職の男(90)を逮捕した。署は連絡が取れない同居の長男(58)とみて身元と死因を調べている。署によると「長男は具合が悪そうで昨年末に亡くなった。金がなく、葬式ができず、放置してしまった」と容疑を認めている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。