【速報】建設会社社長から賄賂を受け取った疑い 高松市議会議員(土地改良区理事長)ら2人逮捕【香川】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高松市の土地改良区が発注した工事を巡って、建設会社社長の男から現金53万円の賄賂を受け取った疑いで、土地改良区の理事長をつとめる高松市議会議員の男らが土地改良法違反の疑いで4月3日、警察に逮捕されました。 逮捕されたのは高松市香川町浅野の土地改良区理事長で、高松市議会議員の小比賀勝博容疑者(73)と高松市香川町大野の建設会社社長、宮西正治容疑者(60)の2人です。 警察の調べによりますと小比賀容疑者は2022年4月上旬頃、高松市内で、土地改良区が2021年中に発注した工事について有利な取り計らいを受けたことへの宮西容疑者からの謝礼などと知りながら、現金53万円の賄賂を受け取った疑いです。 宮西容疑者は小比賀容疑者に53万円を供与した疑いがもたれています。 高松市議会のホームページなどによりますと小比賀議員は自民党議員会所属で当選6回、2019年5月から1年間、第98代の高松市議会議長をつとめていました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。