相模原の自宅で死体放置…台所で腐敗、58歳長男か 「通報すれば良かった」容疑で90歳男を逮捕

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

神奈川県警相模原署は3日、死体遺棄の疑いで、相模原市中央区上溝、無職の男(90)を逮捕した。 逮捕容疑は、自宅で男性の遺体を放置した、としている。男性は男の長男(58)とみられる。男は「私がやったことに間違いない。通報すれば良かったと思う」と供述している。 署によると、男は長男と2人暮らしとみられる。2日午後、巡回連絡で男宅を訪れた署員が腐敗臭に気づき、119番通報で駆け付けた救急隊員と共に、台所で腐敗した遺体を発見した。服を着た状態で毛布が掛けられ、目立った外傷はなかった。 男は「長男は昨年末に体調を悪そうにし、年明け前に死亡した。葬儀をやるお金がなかった」などと供述している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。