佐賀競馬 山口勲騎手の酒気帯び運転逮捕を認め謝罪 「当面の間、同騎手のレース騎乗を見合わせ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

佐賀競馬は3日、所属する山口勲騎手(54)が酒気帯び運転の疑いで逮捕されたとする報道について声明を発表。当面の間、同騎手のレース騎乗を見合わせるとした。 この日、山口騎手が酒気帯び運転の疑いで逮捕されたと複数メディアが報じた。 佐賀競馬は「佐賀競馬所属騎手による酒気帯び運転について」と題するお知らせの中で、「本日4月3日(水)未明、佐賀競馬所属の山口勲騎手(54歳)が、自宅から競馬場に向かう運転中に、福岡県警警察官から停止指示を受け、呼気検査の結果、基準値を超えるアルコールが検出されたため、道路交通法違反(酒気帯び運転)の疑いで逮捕された事実を確認いたしました」と同件について説明。 「今後すみやかに、山口騎手本人からの事情聴取を行い、佐賀県競馬組合として厳正に対処してまいります」とし、「また、当面の間、同騎手のレース騎乗を見合わせることといたします」と対応を呼びかけ。「この度は、競馬ファンおよび関係者の皆様にご心配をおかけしておりますことを、心よりお詫び申し上げます」と謝罪した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。