「スプラ甲子園開いたら殺す」任天堂に脅迫投稿 容疑で日立市職員逮捕

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

任天堂のホームページの投稿フォームに殺害予告のメッセージを送ったとして、京都府警は3日、威力業務妨害の疑いで、茨城県日立市職員の風間健心容疑者(27)=同市=を逮捕した。容疑を認めている。 府警などによると、容疑者の投稿を受け、昨年12月に東京都内で開催予定だったイベント「スプラトゥーン甲子園2023 全国決勝大会」が延期になるなどした。 逮捕容疑は昨年8~11月、投稿フォームに「スプラ甲子園とか開いたら会場の奴らも殺すから覚悟しておけ」などと計39回にわたって投稿し、イベントを中止させるなどしたとしている。 投稿には任天堂の社員を殺害する旨の文言もあったといい、府警は詳しい動機を調べる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。