フィンランドの小学校で12歳が発砲 児童3人死傷

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フィンランドの小学校で児童3人が死傷する銃撃事件が発生し、警察はこの学校に通う12歳の児童を逮捕した。 フィンランド警察によると2日、首都ヘルシンキ近郊の都市バンターの学校で12歳の児童3人が銃撃され、このうち1人が死亡し、2人が重傷を負った。 警察は、この学校に通う12歳の児童が撃ったとして行方を追っていたが、事件から2時間半後に逮捕した。 児童は容疑を認めていて、地元メディアによると、児童が使った銃は親族のものだったという。 狩猟が盛んなフィンランドでは銃の所持が広く認められている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。