出会い頭に車を衝突させた疑いで男(26)を逮捕 酒気帯び運転の疑いも 広島

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2日午前、広島県福山市で、女性が運転する普通乗用車に自身が運転していた普通乗用車を衝突させたとして、男が警察に逮捕されました。 過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕されたのは、福山市南松永町に住む、職業不詳の男(26)です。 警察によりますと、男は2日の午前11時ごろ、福山市東深津町の市道交差点で、女性(79)が運転していた普通乗用車に、自身が運転していた普通乗用車を出会い頭に衝突させて、けがをさせた疑いがもたれています。 現場の交差点では、男が通行していた道路に一時停止の規制があったほか、女性が通行する道路の方が広く、優先だったということです。 調べに対し、男は「事故を起こしたことに間違いない」と容疑を認めています。 この事故で、運転していた女性と同乗者の女性(90代)がけがをしましたが、命に別状はないということです。 逮捕後、男の呼気を検査したところ、基準値を超えるアルコールが検出されたということで、警察は酒気帯び運転の疑いもあるとみて捜査しています。 また、現場付近ではおよそ10分前、車3台が絡む玉突き事故があり、このうち1台が逃走していたということで、警察が男と関連があるか調べています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。