神戸6歳男児死亡事件 逮捕の母親ら4人の鑑定留置終了、起訴の可否判断へ 神戸地検

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

神戸市西区の草むらで昨年6月、近くに住む穂坂修ちゃん=当時(6)=の遺体がスーツケースに入った状態で見つかった事件で、兵庫県警に殺人容疑などで逮捕された母親の沙喜容疑者(35)や叔父の大地容疑者(32)ら4人の刑事責任能力の有無などを調べる鑑定留置が2日、終了した。 鑑定結果は明らかになっていないが、神戸地検は結果を踏まえ、勾留期限の9日までに起訴の可否を判断するとみられる。 他の2人は叔母の朝美容疑者(31)と朝華容疑者(31)。鑑定留置は昨年8月から約半年間の予定で始まり、当初の期限だった今年2月2日から、さらに約2カ月間延長されていた。 4人はきょうだいで、昨年6月に自分たちの母親(修ちゃんの祖母)への監禁と傷害の疑いで逮捕された後、同7月、修ちゃんに対する死体遺棄や殺人の疑いで再逮捕された。 4人の逮捕容疑は共謀して同6月、神戸市西区玉津町の自宅で修ちゃんの背中を鉄パイプのようなもので多数回殴るなどして殺害し、遺体をスーツケースに入れて自宅から約1キロの草むらに遺棄した疑い。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。