漫画を複製し著作権を侵害した罪 外国籍の男2人逮捕【熊本】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

漫画雑誌の連載作品を発売前にスマートフォンで撮影、複写し著作権を侵害した罪で外国籍の男2人が2日までに起訴されました。 起訴されたのは、東京都内にあるマンガ・グッズ販売会社の代表と社員の男2人です。 2人は、『週刊少年ジャンプ』や『週刊少年マガジン』の作品をスマートフォンで撮影、複製した疑いのほか、発売前にインターネット上で公開した疑いで合わせて3回逮捕、送検されていました。 熊本地検は2人について2日までに複製権を侵害した罪で起訴した一方で、ネット上で公開した罪については不起訴としました。 その理由について「回答を差し控える」としています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。