「酒は残っていないと思ったから運転した」飲酒運転疑いで自称・運転代行業の男(53)を逮捕 車2台にぶつかる事故も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2日午後4時ごろ、福岡県大川市の県道を直進していた軽貨物自動車が、駐車場にとまっていた乗用車にぶつかり、その後、信号停車中だった軽乗用車に追突しました。 この事故によるけが人はいませんでした。 警察が、軽貨物自動車を運転していた男の呼気を調べたところ、基準値の5倍を超えるアルコールが検出されたため、酒気帯び運転の疑いで現行犯逮捕しました。 逮捕されたのは、佐賀市に住む自称・運転代行業の西村哲哉容疑者(53)です。 警察の取り調べに対して西村容疑者は、「家で1人でビールと焼酎とハイボールを飲んだ」「午前3時から4時ごろに飲んだので、酒は残っていないと思ったから運転した」などと話し、容疑を否認しているということです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。