「男女2名の宿泊客がお金がないと言って支払いに応じない」 新潟市内の宿泊施設で無銭宿泊の疑い 男女2人を逮捕《新潟》

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

詐欺の疑いで、いずれも住居不定、無職の男(21)と女(17)の2人が4月1日、現行犯逮捕されました。 警察の調べによりますと、2人は共謀の上、3月31日から4月1日までの間、新潟市中央区の宿泊施設で、宿泊代金を支払う意思も能力もないのに、あるように装って宿泊し(宿泊代3万3000円相当)また、スナック菓子など4点(代金1100円)の提供を受けた疑いです。 「きのうから宿泊している男女2名の客が『お金がない』などと述べ、支払いに応じない」と宿泊施設から110番通報があり、警察が宿泊施設内にいた2人を現行犯逮捕しました。 2人は同室で宿泊していました。警察は共犯事件であるとして2人の認否を明らかにしていません。 警察で動機などを調べています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。