何も分からないから話しようがない…空き家で窃盗未遂疑い、ベトナム人を再逮捕 容疑否認、さらに余罪か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

埼玉県久喜市の空き家に侵入して窃盗をしようとしたとして、県警捜査3課と久喜署は1日、邸宅侵入と窃盗未遂の疑いで、住所不詳、ベトナム国籍の無職の容疑者(26)を再逮捕した。 再逮捕容疑は2月8日から20日にかけて、久喜市葛梅の空き家に侵入し金品などを盗もうとした疑い。「何も分からないから話しようがない」と容疑を否認しているという。 同課によると、同20日朝、空き家を管理する男性が「泥棒に入られていた」と久喜署に通報した。同容疑者は2月15日、久喜市の住宅に侵入したとして、建造物侵入の疑いで逮捕され、その後の捜査で今回の事件の関与が分かった。県警はほかにも余罪があるとみて調べている。 県内では昨年1年間に空き家を狙った窃盗被害が約1300件発生。今年は2月までに約180件発生している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。