母親の死体遺棄や放火などで逮捕の男 処分保留で釈放 新潟市西蒲区

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

母親の遺体を自宅に放置して放火したなどとして逮捕・送検された新潟市の男性について新潟地検は、2日に処分保留で釈放しました。 2023年9月に母親が死亡したにも関わらず遺体を放置したとして、死体遺棄の疑いで逮捕された新潟市西蒲区に住む男性(46歳)は、遺体がある家に火を付けたとして、非現住建造物等放火と死体損壊の疑いで再逮捕されていました。 警察は、男性の認否を明らかにしていません。 その後、新潟地検は2日に男性を処分保留で釈放。 釈放の理由について「捜査に関わることなのでコメントできない」としながらも、新潟地検は今後も任意で捜査を続けるとしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。