石川・志賀町長を再逮捕 道路工事発注で20万円収賄疑い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

石川県警は20日、同県志賀町が発注した道路工事の入札を巡り、業者側に最低制限価格を漏らし、謝礼として現金20万円を受け取ったとして、加重収賄と官製談合防止法違反などの疑いで、町長の小泉勝容疑者(57)=同町町=を再逮捕した。 小泉容疑者から得た情報で工事を落札し、現金を渡したとして贈賄などの疑いで、「米木工務店」代表取締役米木義則容疑者(68)=同町堀松=も逮捕した。 入札は6月7日に行われ、8社が参加した。 小泉容疑者は10月30日、別の業者から便宜を図るよう依頼され現金50万円を受け取ったとして受託収賄などの疑いで逮捕された。11月6日に町に辞職願を提出した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。