全国強盗事件指示役「ルフィ」疑い…強制送還の男4人のうち3人、別の特殊詐欺に関わったとして再逮捕

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全国で相次いだ強盗事件の指示役「ルフィ」の疑いもあり、フィリピンから強制送還された特殊詐欺グループの男4人のうち3人について、警視庁は10日、別の特殊詐欺事件に関わったとして再逮捕しました。 警視庁によりますと、渡辺優樹容疑者ら3人は2019年に、埼玉県の70代の女性に警察官などを装ってウソの電話をかけ、キャッシュカード3枚を盗み、現金150万円を引き出した疑いがもたれています。 渡辺容疑者らは、全国で相次いだ強盗事件の指示役「ルフィ」の疑いもあり、警視庁が特定を進めています。 一方、渡辺容疑者の特殊詐欺グループをめぐっては、フィリピンの入管の収容施設に寺島春奈容疑者や藤田海里容疑者ら男女5人が拘束されていて、警視庁は警察庁を通じてフィリピン当局と強制送還に向けた調整を続けています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。