【速報】区立中学校教諭の36歳の男を殺人容疑で逮捕 “学校から徒歩5分”の住宅に侵入し…男性殺害か 「窃盗のため侵入」趣旨の話も 東京・江戸川区

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京・江戸川区の中学校の教諭が、今年2月、勤務する学校の近くの住宅に侵入し住人の男性を刃物で刺して殺害した疑いで、警視庁に逮捕されたことがわかりました。 殺人の疑いで逮捕されたのは江戸川区の区立中学校教諭・尾本幸祐容疑者(36)で、けさ警視庁の捜査員に自宅で任意同行を求められ、逮捕されました。 捜査関係者によりますと尾本容疑者は今年2月24日、江戸川区一之江の住宅に侵入し、帰宅した山岸正文さん(63)の顔などを刃物で複数回刺して殺害した疑いがもたれています。 当日、尾本容疑者は中学校で勤務していて、勤務終了後の午後6時半ごろ学校から徒歩5分のところにある山岸さんの自宅を訪れ、犯行に及んだということです。 防犯カメラの捜査などから犯行時間はおよそ10分とみられ、尾本容疑者は山岸さんと2人暮らしをしていた重度の認知症を患う87歳の母親も刃物で切りつけたということです。 その後、母親は外に出て叫び声を上げ、その声に気づいた近隣住民が110番通報をして事件が発覚しました。 尾本容疑者は逮捕前の警視庁の事情聴取に対し「窃盗をするために山岸さんの自宅に侵入したことがある」という趣旨の話しをしていたということで、警視庁は尾本容疑者に山岸さんとの関係性を詳しく聴き、動機を調べる方針です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。