「犯人にも人権あるぞ」 銀座時計強盗「逮捕の瞬間」動画、顔面タトゥーラッパーが異論「目を覚ませ日本」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ラッパーの金城行虎さんが2023年5月9日、東京・銀座の高級腕時計店で起きた強盗事件をめぐり、SNSで拡散した犯人逮捕の瞬間を収めた動画について「強盗は良くない事だが、犯人も人権は有るぞ」などとツイッターで持論をつづった。 行虎さんは額右側に「69」のタトゥーを入れていることでも知られる。 ■「やった方が悪いとか言う奴いるけど、自分に置き換えてくれ」 銀座の高級腕時計店で8日に起きた強盗事件。複数メディアの報道によると、男4人が東京・港区のマンションに侵入した建造物侵入の疑いで現行犯逮捕された。4人はいずれも16~19歳だったという。 SNS上では「強盗犯の1人逮捕の瞬間」として、男がマンション付近で警官に捕らえられる様子を撮影した動画が拡散していた。 行虎さんは9日のツイッターで、拡散された動画を添え、「これTikTokで流れてきたが」と切り出した。動画では、警官に抑えられた男が「痛いです」「やめてください」などと言って抵抗していた。 行虎さんは「確かに強盗は良くない事だが、犯人も人権は有るぞ」と持論。「こう言う投稿をすれば恐らく、やった方が悪いとか言う奴いるけど、自分に置き換えてくれ。集団が同じ考えだとそれが正解に見えるみたいだが実際そんな事は無いぞ。目を覚ませ日本」と訴えた。 ユーザーから「さすがにこれは同情できない」とコメントが届くと、行虎さんは「同情狙ってねぇよ」と応えている。 一部メディアが行虎さんの投稿内容を報じると、行虎さんは「賛否両論あるだろうが、俺は本当にそう思った。皆んながそうだから同じ意見とかダサい事すんなよ。俺は俺のまま生きるぜ」と反応した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。