老人ホームで入居男性に暴行 男性はその後死亡 職員の男を逮捕

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

埼玉県飯能市の特別養護老人ホームで入居者の90歳の男性の背中を蹴ったとして48歳の施設職員の男が逮捕されました。男性は搬送先の病院で死亡しました。 飯能市の特別養護老人ホーム「吾野園」の職員・加藤肇彦容疑者は9日の午後2時ごろ、施設の食堂で車椅子に乗っていた90歳の男性入居者の背中を足で蹴った疑いが持たれています。 男性はその後、施設で意識がなくなり他の職員が救急車を呼びましたが、搬送先の病院で死亡が確認されました。 警察によりますと、当時、食堂では複数の入居者が入浴の介助などを受けるのを待っていて、加藤容疑者は1人でその見守りをしていました。 加藤容疑者は取り調べに対して「見守りをしていて忙しいところに男性にいろんなことを頼まれて腹が立った」などと供述し、容疑を認めています。 警察は、暴行と男性の死亡との因果関係を調べています。 施設の理事長は事件を受けて「大変ご迷惑をかけて残念に思っている。警察に正直に話して協力している」とコメントしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。