2人は過去に交際関係 トラブルになったか 遺体近くに2本の包丁 小学校の女性教諭殺害事件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

北海道・釧路町で小学校の女性教諭を殺害したとして、37歳の男が逮捕・送検された事件で、2人は過去に交際関係だったことが新たにわかりました。 殺人の疑いで逮捕・送検された藤山功至容疑者は今月3日、釧路町桂2丁目のアパート一室で小学校教諭の小阪志保さんの胸や首などを刃物で突き刺すなどして殺害した疑いが持たれています。 その後の取材で、2人は過去に交際関係だったことが新たに分かりました。 警察によりますと、遺体の近くからは凶器とみられる血の付いた2本の包丁が見つかっていて、 小阪さんの体には10か所以上の刺し傷や切り傷と複数の防御創があり、傷の一部は骨にまで達していたということです。 藤山容疑者は「口論になった。殺したことに間違いない」と容疑を認めていて 警察は、2人が男女関係のトラブルになった可能性もあるとみて詳しい動機を調べています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。