「強盗に現金奪われた」は作り話 飲食店の売上金着服した店長を横領容疑で逮捕

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

滋賀県警草津署は9日、業務上横領の疑いで、草津市東草津3丁目、飲食店店長の男(38)を逮捕した。 逮捕容疑は4月29日ごろから今月8日までの間、店長を務める同市内の飲食店の売上金の一部約40万円を着服した疑い。 男は8日午後、自宅近くで強盗に遭い、男に現金を奪われたと同署に届けていた。その後の調べで、横領をごまかすための作り話だったことが発覚した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。