【銀座ロレックス強盗】高校生含む16歳~19歳の少年4人逮捕 逃走車はレンタカーでナンバー付け替えか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京・銀座の高級腕時計店で起きた強盗事件で、警視庁は男子高校生を含む10代の男ら4人を逮捕した。 4人は逃走にレンタカーを使用し、ナンバープレートを付け替えていた可能性があることがわかった。 この事件は8日午後6時過ぎに中央区銀座にある高級腕時計「ロレックス」の専門店に、仮面をかぶった男が押し入り、腕時計など100点以上が強奪されたもの。 強盗被害に遭った店の関係者「悔しいの一言ですし、許せない」 警視庁は、この事件に関わったとみられる、16歳から19歳の高校生を含む男ら4人を、港区赤坂のマンションの敷地内などに侵入した現行犯で逮捕した。 逮捕直後の映像では、逃走車両の近くに仮面が落ちているのがわかる。 警視庁によると、前後のバンパーが壊れて止まっていたこの車はレンタカーで、男らがナンバープレートを付け替えた可能性があるという。 調べに対して、3人はマンションに侵入したことを認め、18歳の高校生は否認しているという。 さらに、もう1人が関わっているとの目撃証言もあり、警視庁は強盗事件との関連とともに調べている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。