「酔っぱらいが暴れている」飲みすぎた35歳、親族の男性の肩を…駆け付けた警官の目前で犯行、まともな会話にならない状態

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

8日未明、札幌市北区の住宅で、この家に住む40代の親族の男性の肩を押すなどしたとして、35歳の男が逮捕されました。 暴行の疑いで逮捕されたのは、江別市豊幌花園町に住む35歳の無職の男です。 この男は8日午前0時10分ごろ、札幌市北区の住宅で、この家に住む40代の会社役員の肩を押すなどした疑いが持たれています。 警察によりますと、男は被害男性の親族で、当時、複数人で酒を飲んでいました。 男が飲みすぎて暴れ出し、手に負えなくなったため、一緒に飲んでいた一人が「酔っぱらいが暴れている」と通報。 警察官が駆け付けると、男が目の前で犯行に及んだため、その場で逮捕しました。 35歳の無職の男は、まともな会話にならないほど酔っているため、警察は、男の酔いがさめるのを待ち、調べをすすめることにしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。