見方が変わる? 天才の波乱万丈人生 「ディエゴ・マラドーナ 二つの顔」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【志らべのユー、次なに見る】 小学2年生の時に静岡県に引っ越し、わりと早くサッカーが好きになりました。これはやはり高校サッカーの全国大会で、いつも静岡代表が上位に進出していたからでしょう。静岡代表は子供ながらにものすごく応援してましたなあ。ただ、今の若い人は静岡県=サッカー王国なんて思っていないだろうなあ…。 そんな80年代からサッカーを見ている人間にとって、異次元の選手といえばディエゴ・マラドーナなわけです。ただ、今考えてみると、その当時は衛星放送も一般的ではないし、マラドーナの凄さはW杯で見るくらいしかなかったんですね。 もっとマラドーナを知りたい。そんな私向けのドキュメンタリーがU―NEXTにありました。「ディエゴ・マラドーナ 二つの顔」です。 2020年に急逝してしまったマラドーナ。神と呼ばれる一方、世を騒がせるトラブルメーカーでもあった彼の波乱万丈な人生を未公開映像とともに振り返ります。 1984年、マラドーナは、イタリア南部の弱小チームSSCナポリに移籍。輝かしい成績を残し、スーパースターとしてあがめられます。一方、マフィアとの交際やコカインでの逮捕など、私生活ではトラブルが頻発し…。 晩年のマラドーナしか知らない人にとっては、ただの〝お騒がせ野郎〟くらいにしか思ってないかもしれませんよね? 気持ちはわかります。ただ、この映画でマラドーナのプレーを改めて見てほしい。とにかく上手い、凄い。「サッカーよくわからないから…」なんて人が見ても、その技術は一目瞭然。メッシも凄いけれど、メッシとは違うエンターテイナーのようなプレーをするのです。 そして〝お騒がせ野郎〟の一面は、周りにいる人間がことごとくマラドーナを利用したからなのです。もちろん誘惑に勝てなかったマラドーナにも非はあるんでしょうが、もっとサッカーに集中できる環境だったらと、思わずにはいられません。偉大なる天才の人生を今一度振り返ってみようではありませんか! (立川志らべ) ※配信は予告なく終了している場合もあります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。