死亡女性、10カ所以上の傷 強い殺意か、北海道

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

北海道釧路町で小学校教諭の女性が殺害された事件で、遺体に10カ所以上の刺し傷などがあったことが8日、道警への取材で分かった。殺人の疑いで逮捕した介護士藤山功至容疑者(37)=釧路市=が強い殺意を持っていたとみて、道警が詳しい動機などを調べている。 道警によると、藤山容疑者は3日、釧路町のアパートで住人の小阪志保さん(39)を刃物で突き刺すなどして殺害したとして、6日に逮捕された。4日午後に「人を刺した」と自ら釧路署に通報。小阪さんについて「以前から面識があった」「口論になった」などと供述している。 道警は8日、殺人の疑いで藤山容疑者を送検した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。