【朝ドラらんまん】万太郎の長台詞はジェンダーを意識しすぎ!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『らんまん』第5週は、万太郎(神木隆之介)が東京に向けて出発する場面で終わった。竹雄(志尊淳)が「わしも行きます」と荷物を背負うと、万太郎は「え? え?」と驚いた後、「何じゃ、おまん、何じゃ」。そう言って竹雄に身体をすり寄せていた。 万太郎は子犬なんだ。その様子を見て、思った。捨ておけない子犬。可愛いけれど、周りは大変だ。竹雄を思うと心が痛い。だって竹雄、綾(佐久間由衣)に告白し、はっきりしないがたぶんフラれ、だからなのか、「炊事、洗濯、金稼ぎ、植物収集の手伝い。ダメ若の面倒を見るががいちばん大変じゃき」、東京について行く、と言っていた。 何もそんな茨(いばら)の道を選ばなくても。そう思うのは私だけではないはずで、だから5週は「万太郎はただのお坊ちゃんではないですよ」「ついて行くに値する人ですよ」と視聴者を説得する週だった。その成否はさておき、よく練られた説得手法で、まずはそこへ至る道を説明する。 冒頭の21話、万太郎は自由民権運動の演説会場で逮捕されるが、祖母・タキ(松坂慶子)のコネで釈放される。警察からの帰り道、タキが万太郎に「人はすべてを持つことはできん。何かを選ぶことは、何かを捨てることじゃ」と言う。この言葉を号砲に、万太郎と綾、そして竹雄が「選ぶもの」を決めていった。 23話、万太郎は東京で植物学の道を進む、峰屋は綾に託すと祖母に宣言する。それを受けて綾は、酒造りをするため婿を取らせてほしい、相手は従うと懇願する。そこから、万太郎と綾、それぞれに長台詞があった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。