「飼っている猫が死んでいる」と110番通報 通報した男が3匹殺したか…44歳の男を動物愛護法違反の疑いで逮捕 浜松市

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飼っていた猫3匹を殺したとして、浜松市の40代の男が逮捕されました。 動物愛護法違反の疑いで逮捕された、浜松市西区の自称・会社員の44歳の男は自宅で飼っていた猫3匹を殺した疑いが持たれています。 男から「飼っている猫が死んでいる」という趣旨の110番通報があり、駆け付けた警察官が男の自宅の敷地内で猫3匹が死んでいるのを確認したということです。死んでいた猫3匹は大人で、体には何らかの血痕がついていたということです。 警察によりますと、男は容疑を認めているということです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。