顏を複数回殴られたか…集合住宅の一室で女性が顔にあざがある状態で死亡 養子とみられる男を傷害容疑で逮捕

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

7日朝早く、名古屋市南区の集合住宅で72歳の女性が死亡しているのが見つかり、警察は傷害の疑いで61歳の男を逮捕しました。 事件があったのは名古屋市南区元柴田東町の集合住宅の一室で、7日午前6時ごろ、名古屋市中川区の下村眞知子さん(72)が顔にあざがある状態で死亡しているのを、通報を受け駆け付けた消防が見つけました。 警察はこの部屋の住人で通報をした下村裕喜容疑者(61)から事情を聴き、犯行を認めたため傷害の疑いで逮捕しました。 警察によりますと、裕喜容疑者は眞知子さんの養子とみられ、6日夕方ごろから7日朝にかけて眞知子さんの顔を複数回殴る暴行を加えた疑いが持たれています。 警察は何らかのトラブルがあったとみて動機について詳しく追及しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。