未公開情報の資料提供を要求 コロナ治療薬インサイダー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新型コロナウイルスの治療薬開発をめぐるインサイダー事件で、警視庁に逮捕された建設会社社長が、未公開情報を資料で提供するよう求めていたことがわかった。 久保田俊明容疑者(53)ら3人は、医療ベンチャー「テラ」の新型コロナ治療薬に関する未公開情報を、業務提携先の元役員から聞きつけ、インサイダー取引した疑いが持たれている。 元役員によると、久保田容疑者は、不正に株を購入する3日前に、未公開情報を資料で提供するよう求めてきたという。 「テラ」の業務提携先だった元役員・竹森郁氏「今までは、電話でこういったことやってますよって伝えてるのに、その時だけ詳細にですね、資料をよこせと。資料を見せろと言われた」 一方、久保田容疑者は、取材に対し「自分は利用された」と、インサイダー取引を否定していた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。