車のワイパー折り曲げて壊す無職の男(58)逮捕10数件の余罪か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

北海道・旭川中央警察署は6日、旭川市の無職の男(58)を器物損壊の疑いで逮捕しました。 男は1月27日午前2時ごろ、旭川市宮下通7丁目にある商業施設の駐車場で、乗用車のリアワイパーを手で折り曲げて壊した疑いが持たれています。 警察によりますと、被害者から交番に届け出があり、駐車場の防犯カメラを調べたところ、男が被害のあった乗用車の後ろに回り込んで不審な動きをしていたということです。 防犯カメラには男が乗ってきた車とそのナンバーも映っていて、男を特定して任意で事情を聞いたところ犯行を認めたため逮捕しました。 警察によりますと、男と被害者に面識はなく、うさ晴らしの犯行とみられています。 調べに対して男は「ワイパーを折り曲げて壊したことに間違いない」と容疑を認めていて、余罪もほのめかしているということです。 旭川中央署管内では、ことしに入り同様の被害が17件発生していて、警察は男の犯行とみて余罪を追及しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。