東大前事件で少年を再逮捕 男性への殺人未遂容疑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京大学の前で受験生ら3人が切り付けられた事件で、警視庁は72歳の通行人の男性を殺害しようとしたなどとして、高校2年の少年を再逮捕しました。 名古屋市の高校2年の少年(17)は先月15日、東大の前で通行人の男性の背中を包丁で刺し、殺害しようとした疑いなどが持たれています。 警視庁によりますと、男性は事件直後、近くの交番に駆け込み「刺された」と訴え出ていました。 その後、容体が急変して緊急手術を受けましたが、現在、容体は回復しているということです。 少年は、これまでの取り調べに対し「勉強がうまくいかず、事件を起こして死のうと思った」などと話していました。 警視庁は、少年が「事件前に捨てた」とほのめかしていたスマートフォンを名古屋市内で押収し、詳しい動機などを調べています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。