東大前刺傷 通行人男性への殺人未遂容疑などで少年再逮捕

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先月、大学入学共通テストの会場となっていた東京大学の前で受験生ら3人が切りつけられた事件で、警視庁は、受験生の男女を刺したとして逮捕された17歳の少年を、3人のうち通行人の男性に対する殺人未遂の疑いなどで再逮捕しました。 警視庁によりますと、再逮捕された名古屋市に住む17歳の高校2年の少年は先月、文京区の東京大学の前で、通りかかった72歳の男性の背中を刃物で刺し、殺害しようとした疑いが持たれています。男性は重傷で、現在も入院中です。 警視庁は少年の認否について明らかにしていませんが、少年が当初、「事件の前に捨てた」と話していたスマートフォンはその後、名古屋市内で発見され、警視庁が検索履歴を解析するなどして詳しい経緯を調べています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。