留置場で勾留女性にわいせつ行為疑い 31歳巡査長を逮捕 岐阜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

留置場で勾留中の女性にわいせつな行為をしたとして、岐阜県警は4日、県警大垣署留置管理課の巡査長、杉山泰弘容疑者(31)を特別公務員暴行陵虐容疑で逮捕した。容疑を認めているといい、県警は杉山容疑者の処分を検討する。 逮捕容疑は昨年12月23日~今年1月4日、大垣署の留置施設の居室内で、勾留されていた当時30代の女性の容疑者にわいせつな行為をしたとしている。 県警によると、杉山容疑者は1人で勤務している時間帯に複数回、行為に及んだという。1月21日、女性の関係者から「大垣署の警官が署に勾留された女性に連絡してきている」と県警に情報提供があり発覚した。留置施設の鍵は留置管理課の課長や当直長が管理していたが、杉山容疑者も鍵を使える状態にあったといい、県警は内部規定に違反するとして調査する。 杉山容疑者は「相手の方に迷惑をかけて申し訳ない」と話しているという。県警の梅田直嗣警務部長は「警察官としてあってはならない言語道断の行為で極めて遺憾。被害者、関係者及び県民の皆様に深くおわび申し上げる。事実関係を捜査、調査の上、厳正に対処する」とコメントした。【熊谷佐和子】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。