4年前に男性を殺害か 近所に住む46歳男を逮捕 死亡男性の知人女性とトラブルも 容疑を否認

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

4年前、大阪府羽曳野市の路上で男性が何者かに刃物で刺され死亡した事件で、警察は当時現場付近に住んでいた46歳の男を逮捕しました。 殺人の疑いで逮捕された羽曳野市の無職・山本孝容疑者(46)は2018年2月、羽曳野市軽里の路上で、韓国籍の平山喬司さんこと崔喬可さん(当時64)を刃物で刺して殺害した疑いが持たれています。 警察によると崔さんは当時、山本容疑者の自宅の隣に住んでいる知人女性の家まで歩いていたところ、背後から刺されたということです。 山本容疑者と知人女性は、10年以上前から植木鉢の置き方などを巡るトラブルがあり、山本容疑者の苦情を崔さんが対応したこともあったということです。 【山本容疑者(2018年)】 「とりあえずやってもないし。当然家にがさ入れ(家宅捜索)入って1カ月たちますけど、当然証拠なんてやってもないから出るわけない。だから今現在、僕ここにおるわけなんですよ」 調べに対し山本容疑者は「やっていません」と容疑を否認しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。