逮捕前の取材に「当時家にいた」→「外にいた」変遷する男の主張…4年前の刺殺事件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

4年前の2018年に大阪府羽曳野市で会社員の男性が殺害された事件で、当時、現場付近に住んでいた46歳の男が逮捕されました。逮捕前、MBSの取材に男が語っていたこととは。 大阪府羽曳野市の無職・山本孝容疑者(46)は2018年2月、当時住んでいた羽曳野市の住宅街の路上で藤井寺市の会社員・平山喬司さん(当時64)の背中を刃物で刺して、殺害した疑いが持たれています。 警察によりますと、亡くなった平山さんは当時、山本容疑者の隣に住む知人の家を訪れる途中で、防犯カメラには山本容疑者と似た人物が刃物を持って歩く様子が映っていたということです。 MBSは逮捕前、山本容疑者を3度にわたって取材していました。 (逮捕前の山本孝容疑者 2018年4月) 「(平山さんは)たぶんこの辺で倒れていた。どこに倒れていたかまでは見られへんかった。(Q警察とか周りの人はどっちに逃げたとか言っていました?)たぶん…、向こうに逃げたんと違うかな。『(犯人に対して)なんで?』っていうのを知りたいというのもあるし、なぜしたんやろと。(Q事件当時は家にいた?)そうです」 2018年4月に取材した際は、「事件の際は家にいた」と主張していた山本容疑者。 しかし、1か月後の2018年5月に改めて話を聞くと、事件への関与を強く否定する一方、「事件当時外にいた」と主張を変えました。 (逮捕前の山本孝容疑者 2018年5月) 「(事件当時)外に出ていたんですよ。(Q用事があった?)用事があったというか、ちょっと表に出ていて。ガサ入れが入ってから1か月経ちますけど、当然証拠もやっていないから出てこない。だから僕は今ここにおるわけなんですけど」 事件の2か月前、山本容疑者は警察に「隣の家の植木鉢が道路にはみ出しているので注意してほしい」と通報するなど、平山さんらとトラブルになっていたということです。 警察の取り調べに対して山本容疑者は「納得できません。やっていません」と容疑を否認しているということです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。