名古屋港の女性遺体、殺人容疑で逮捕された男は事件前に女性と同居

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

名古屋港で2021年11月、女性の遺体が見つかりました。4日、事件が急展開。39歳の男が殺人の疑いで逮捕されました。 2021年11月、名古屋港で、女性の遺体が仰向けで浮かんでいるのが見つかりました。 「名古屋市内の海で見つかった女性の遺体は、服を着ていなかったということです」(記者) 司法解剖の結果、遺体は死後2日から4日ほどが経っていました。 警察によりますと、遺体には目立った外傷がなく、漂流したような痕跡もありませんでした。 「女性の遺体が見つかった現場付近は住宅がなく、コンテナが立ち並んでいます。街灯があまりないため夜になると真っ暗です」(記者) 遺体発見の翌日、身元は、韓国籍の崔秀伊(チェ・スイ)さん(49)と確認されました。 遺体の状態から、崔さんは遺体が見つかった現場付近で遺棄されたとみられています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。