東大前刺傷事件、高2少年を再逮捕へ 通行人男性への殺人未遂容疑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大学入学共通テストの試験会場だった東京大(東京都文京区)近くの路上で1月15日に受験生の高校生ら3人が刺された事件で、警視庁少年事件課は、高校生2人への殺人未遂容疑で逮捕した私立高2年の少年(17)=名古屋市=を、通行人の男性(72)に対する殺人未遂などの疑いで5日に再逮捕する方針を固めた。 捜査関係者によると、少年は1月15日午前8時半ごろ、文京区の東京メトロ東大前駅から東大弥生キャンパス・農正門付近までの歩道で、高校3年の男女2人のほか、歩いていた豊島区の男性の背中を包丁(刃渡り約12センチ)で刺した疑いがある。 男性は近くの交番に駆け込み、少年が現行犯逮捕された際は現場周辺にいなかったため、最初の逮捕容疑の被害者に含まれていなかった。男性は重傷で緊急手術を受け、現在も入院しているという。 少年は逮捕後の調べに「医者になるため東大を目指していたが、1年くらい前から成績が上がらず自信をなくした。自殺する前に人を殺して罪悪感を背負って切腹しようと考えるようになった」と供述していた。【柿崎誠】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。