3時間で“受け子”をスピード逮捕 銀行員が機転「ホットライン通報」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特殊詐欺の発生を連絡する「ホットライン通報」により、現金受け取り役の男がスピード逮捕された。 清水京弥容疑者(29)は1日、東京・杉並区の70代の女性から、親族の同僚を装って1,000万円をだまし取ろうとした現行犯で逮捕された。 このおよそ3時間前に、女性が銀行で現金で1,000万円を引き出そうとしていたところ、不審に思った行員が地元の警察署に通報していた。 警視庁は、金融機関との間で特殊詐欺が疑われるケースについて、直接、警察署に連絡する「ホットライン通報」体制を取っていて、スピード逮捕につながった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。