勧誘役、初公判で認否留保 西山ファームの出資法違反

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

岡山県赤磐市の観光農園経営会社「西山ファーム」を巡り、果物などの転売事業で配当を得るために必要な保証金の名目で出資を募ったとして、出資法違反(預かり金禁止)の罪に問われた勧誘役とされる花本将光被告(33)ら4人の初公判が3日、名古屋地裁(棚村治邦裁判官)で開かれ、弁護側は起訴内容の認否を留保した。 起訴状などによると、多数の人に出資を勧誘していた4人は同社社長山崎裕輔容疑者(41)=詐欺容疑で逮捕状=や元幹部伊藤弘敏被告(37)=出資法違反罪で起訴=と共謀、2018年12月、客2人に元本保証と金利支払いを約束して計700万円を集めたとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。