母親のいないところで暴行か 生後2カ月の次男を冷凍庫に閉じ込めたとして起訴された父親 目やあごにアザ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生後2カ月の次男にけがをさせた疑いで父親が逮捕された事件で、父親が、母親のいないところで暴行していた疑いがあることが分かりました。 大阪市東住吉区の会社員西岡竜司容疑者(42)は去年4月、旅行先の福岡市内のホテルで生後2カ月の次男を冷凍庫などに閉じ込めたとして逮捕・起訴されています。 警察はその後の捜査で、西岡容疑者が、次男の顔などに暴行を加え全治2週間のケガをさせた疑いが強まったとして、傷害の疑いで再逮捕しました。 調べに対し西岡容疑者は「ケガをさせた覚えはない」などと容疑を否認しています。 警察によると西岡容疑者は、次男の目やアゴにアザがある画像をスマートフォンで母親に送信していて、母親がいないところで暴行を加えていた疑いがあることが新たに分かりました。 警察は、詳しい経緯を調べています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。