アメ横でホームレス男性の服に火をつけた男、殺人未遂の疑いで逮捕「理由は特にない」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホームレスの男性が着ていたコートに火をつけて殺害しようとしたとして、50歳の無職の男が警視庁に逮捕されました。 殺人未遂の疑いで逮捕されたのは、住居不詳で無職の成田和弘容疑者(50)で、先月31日夕方、東京・上野のアメ横の路上で、ホームレスの男性(70代)が着ていたコートにライターのようなもので火をつけ、殺害しようとした疑いが持たれています。 警視庁によりますと、成田容疑者が男性を「炊き出しに一緒に行こう」と誘ったところ断られ、その後、成田容疑者が路上に座り込んだ男性の後ろから手を回し火をつけたとみられるということです。 この際、コートの背中部分が燃え上がりましたが、男性にけがはなかったということです。成田容疑者は「殺そうと思っていなかった」と容疑を一部否認しています。 男性は去年末にも上野公園でジャンパーを焼かれ頭をやけどしていて、警視庁で関連を調べています。(03日11:44)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。