会津若松市で強盗未遂事件39歳の男を逮捕・福島

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

福島県会津若松市のコンビニエンスストアで強盗未遂事件があり、市内に住む39歳の男が現行犯逮捕された。 強盗未遂の容疑で現行犯逮捕されたのは、会津若松市の無職 髙橋智容疑者(39)。 髙橋容疑者は、3日午後5時前、会津若松市扇町のコンビニエンスストアで、レジにいた30代の男性店員に対し、持っていた包丁を見せ「金をだせ」などと脅迫し、金を奪おうとした疑いが持たれている。 髙橋容疑者は、駆け付けた警察官に現行犯逮捕され、未遂に終わった。 警察によると、当時、店には、複数の客や店員がいたというが、いずれも、けがはなかったという。 容疑者が取り押さえられているところを目撃した近所に住む客は、「男がレジの近くで捕まり、横になっていて、抵抗はしていなかった。こういう事件があると不安」と、話した。 警察によると、髙橋容疑者は「金が欲しかった」などと容疑を認めていて、動機などを含めて、詳しく捜査している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。